心に抱えた傷やトラウマを癒すための簡単な方法

どんな効果があるのか

カウンセリング

専門科に相談しよう

うつ病などの心の病気を発症してしまった場合、心療内科や精神科を受診することになります。しかし、自己判断は禁物です。うつ病かもしれないと感じていても専門科で診てもらわないことには正式な病名は分からないものだからです。心の不調もしくは体の不調が続くようなら、一度、相談という形で訪れてみるのもいいかもしれません。心の病気にはいろいろな治療法がありますが、薬物を使わない方法としてはバタフライハグが最近注目されています。バタフライハグをすることによって心が穏やかになれることがあるのです。そのやり方については専門医にきちんと聞いてから行ってみましょう。心療内科にしても精神科にしても、訪れる前には予約が必要となります。完全予約制のところがほとんどです。どんな治療を行うのかは行ってみないことには分からないので、まずは予約を入れてみましょう。その際、複数の科を比較することが大事です。実績のあるところがおすすめです。また、口コミ情報も参考にして選ぶといいでしょう。

バタフライハグをすることで心が穏やかになってくることがあります。精神統一を図るためにバタフライハグをしてみるのもいいかもしれません。呼吸が荒くなりやすい人やイライラ感が募りやすい人などは、正しいバタフライハグのやり方を学んでおきましょう。この方法を用いるのは心療内科や精神科です。専門医にやり方を教わり、試してみるといいでしょう。そうすれば薬物治療をしなくても、精神が穏やかになってくるかもしれません。うつ病などの心の病気を発症していなくても、多くの人はストレスを溜め込んでいることがあります。すぐにイライラしてしまうようなら、こういったやり方を覚えておくと安心です。いざという時に自分で行ってみることで、イライラ感もすぐに収まることでしょう。また、インターネットでもやり方を調べることができます。お医者さんが監修しているサイトなどを参考にしてみましょう。どのような時に効果があるのか知ることもできます。できるだけ医者にかかりたくないという人こそ、試してみるといいかもしれません。