心に抱えた傷やトラウマを癒すための簡単な方法

トラウマからの解放

男性

抱きしめる心理療法

受験・仕事・恋愛などにおいては、誰しもが失敗を経験しているはずです。その心の傷が深くなり、中にはトラウマになってしまうケースもあるでしょう。しかし安心していいのは、メンタルケアを専門とする精神科・心療内科では、トラウマ解消の力に変えさせるバタフライハグを提案してくれるという点です。今は、10代でも挫けてしまいそうになる出来事に見舞われる可能性が決して低くはありません。1人で出来る解決法として注目されており、バタフライハグでトラウマを防ぐ、あるいは消化させます。失敗した次は『成功』を勝ち取ることができます。もちろん、失敗が続くこともあるでしょうが、専門医いわく、成功に一歩近づくイメージが根付くことを謳っています。バタフライハグは、安心や安全を感じるモノをイメージし、ハグをするやり方です。また、注目を集めるワケはイメージする内容次第で、疲労回復・深いリラクゼーション効果があるからともいわれています。緊張状態や過剰なストレス、こうした状態を軽視してしまってはなりません。精神疾患はこうした軽視が原因になり得るのです。だからこそ、あらゆる場でできる、身につけて損のないやり方だから注目されています。

精神科・心療内科でも心理療法としてバタフライハグのやり方を指導しています。これは、心の傷(トラウマ・ストレス)が後に、PTSDやうつ病を発症する原因になる可能性が少なからずあるからです。医療機関では、早期発見よりまずは予防を謳っています。クリニックで行うバタフライハグは、頭から肩、足まで全身5箇所から7箇所にアプローチするのが特徴です。うつ病の患者さんに効果的なのは、首や鎖骨などをトントンと叩くバタフライハグで、解難では頭をトントンと叩きます。なぜ効果があるのか、それは右脳の暴走を左脳の働きによって改善(なだめる)させるからです。ハグでリソースと繋がれば、不安や憂鬱となる症状が解放されて、自律神経のバランスが整うのです。両手を胸の前で交差し、目を瞑り、安心できる『何か』を瞑想します。左・右の肩をトントンと優しく叩き、ゆっくり呼吸を繰り返すやり方です。たったこれだけですが、脳の興奮をなだめることができるので、薬を使う前の予防に活用されています。